患者さんから感謝の言葉をもらった時が、確実に誰かの役に立っていると実感できる瞬間です。

MENU

看護師のやりがいとは?

 

看護師のやりがいについて

 

看護師は命と向き合う大変な仕事です。

そんな仕事を続けていくのは仕事に対する「やりがい」を感じた時ではないでしょうか?

看護師の仕事のやりがいとはどういったものがあるのでしょうか?

 

 

患者さんからの感謝の言葉

 

看護師の仕事をする上で、一番やりがいを感じるときは、やはり患者さんやその家族の人たちから「ありがとう」と感謝された時が多いようです

 

どんなに大変な仕事であっても、「ありがとう」と言われただけで、「看護師でよかった」と嬉しくなるようです。
看護師として、自分のやっている仕事が誰かの役に確実に立っていると実感できる瞬間なのでしょう。

 

 

患者さんが回復すること

 

自分が担当している患者さんがどんどん回復していく姿を目の当たりにしていくことが、看護師としてのやりがいを感じる事が多いようです。看護師でないとなかなか感じることのできない達成感ですね。

 

患者さんが自分の体がよくなっていくのを実感し喜んでいる姿を見ることも、看護師としてやりがいを感じることのできる一つの瞬間なようです。

 

 

仕事のスキルが上がっているのを実感したとき

 

自分ができなかったことや苦手だった仕事ができるようになっているのを実感すると、看護師として自信もついてきて、看護師としてのやりがいを感じる事が多いようです。

 

また、先輩看護師や同僚から自分の仕事が認められていた時なども、やりがいを感じる瞬間のようです。

 

これはどの職種でも同じでしょうが、看護師は専門分野が多い仕事であったり、人の命を預かる仕事なので、自分が成長していく事はとても嬉しく感じるものなのでしょう。

 

 

どの仕事をやる上でも躁ですが、キャリアアップを目指しながら看護師をする事はとても大事です。
給料アップも目指せますし、役職に就く事でもっと仕事のやりがいを感じることができます。