コミュニケーションを上手にとることが出来れば、患者さんの回復を手助けする手段になります。

MENU

患者さんとのコミュニケーション

 

患者さんとコミュニケーションをとる看護師

 

看護師の仕事をする上で、患者さんとコミュニケーションをとることは大事な仕事の一つです。

看護師の仕事をする上で、患者さんとどのようにうまくコミュニケーションをとればいいのでしょうか?

 

 

患者さんの状態を把握する事

 

患者さんとコミュニケーションを図る事には、患者さんの身体面や精神面の状態を把握する、という必要性があります。
そのため、患者さんと「会話をする」事だけがコミュニケーションを図る事ではありません。
患者さんの体をじかに触るなど、身体介助をしながら声をかけることが大切です。

 

会話だけに集中するのではなく、きちんと患者さんの具合に配慮したり、一方的な声かけにならないようにしたり、患者さんから信頼を得られるようなコミュニケーションを心掛けなければいけません。

 

コミュニケーションをとることで患者さんの情報を得たり、患者さんの信頼関係を得る事は看護師としてとても大事です。

 

コミュニケーションを上手にとることができれば、看護師として患者さんのケアをきちんと行う事ができ、患者さんの回復を手助けする一つの手段になります。

 

 

患者さんと上手にコミュニケーションをとるために

 

看護師は医療の専門化ですから、日常会話として安易に専門用語を使いがちです。
そのため、患者さんに説明をするときに専門用語を用いて話をしてしまいがちです。
患者さんの様子をきちんと見ながら説明をするようにしましょう。
説明をするということは、患者さん本人に理解しなければ意味がありません。

 

また、患者さんの身体に触れなければならない仕事ですから、患者さんによっては嫌悪感を抱く方もいます。
そうならないように、患者さんにあったコミュニケーションをとるようにしなければいけません
患者さんが安心してケアを受けてもらえるように、安心してもらえるような言葉をかけるように心掛けましょう。