私立大学病院や国立や県立、市立の公立病院は一般的な医療機関よりも給料が高いようです。

MENU

看護師の収入事情

 

看護師は一般的に給料が高いといわれています。
看護婦の収入事情は一体どのようになっているのでしょうか?

 

 

看護師の給料

 

看護師のお給料

看護師の平均年収は、平成27年度の519万円でした。
月収にすると平均30万円前後、ボーナスが50~100万円ほどとなります。

 

看護婦は勤めている年数や年齢や経験年数によって昇給していくのが普通です。
一般的な年収と比べると高めの年収になります。

 

看護師の収入が高い理由に基本給が若干高くなっていることが上げられますが、
看護師の給料が高い理由には様々な手当てがつく事にあります

 

手当てというのは、

  • 夜勤をした時に発生する「夜勤手当
  • 土日祝日に出勤した場合に発生する「休日手当て
  • 残業したときに発生する「残業手当

など様々あります。

 

しかし、どの職種も同じだと思いますが、看護婦の給料は勤めている勤務先によって違いが出ます
なぜかというと、勤務先により経営状態も異なる為、基本給や各種手当ての出し方が異なってくる為です。

 

また、パートやアルバイトや派遣社員などで働く場合にも、他の業種より時給が高い事が多いです。

 

 

給料の高い看護師の勤め先

 

基本給が高く設定されている事が多い職場の一つに「私立大学病院」があります。
私立大学病院は「学校法人」としての収入もあるため、基本的に経営に余裕があるところが多いのです。

 

また、病床数の多い病院は効率的な経営をできるところが多い事もあります。

 

また、国立や県立や市立などの公立病院は一般的な医療機関よりも給料がいい事が多いようです。
待遇面もきちんとしているところが多いので、勤めやすい職場が多いようです。

 

地方よりも大都市である方が給料が高く設定されている事が多いです。

 

その他にも「訪問看護」も給料の高い職場の一つです。
訪問看護は手当てが充実していたり、看護師不足を補う為に基本給の設定が高いところがあったりする為です。