看護師で多い問題児の事例では、一切聞く耳を持たない気が強すぎる人や、イジメ癖を持っているケースなどが挙げられます。

MENU

看護師に多い問題児の典型事例

看護師はチームとなって仕事に取り組む事が多いです。
人間関係がうまくいかなかったり、全体の仕事効率が悪いなど、それぞれの職場で何かしら問題を抱えています。

 

建前では、「みんなで協力して頑張ろう」と取り組んだり「自分が一歩退いて大人になる」などと言ったりしても、
問題を根本から解決できない事が多いです。

 

それは看護師では根本的に改善の余地がない看護師が多いからです。
クセ者や性格が歪んだ人が多い看護師の業界の中でも、よくいる問題児の典型事例を紹介します。

 

 

気が強すぎて人の話しを聞く事ができない

問題児と呼ばれる看護師の中でも圧倒的に多いのがこの事例です。

 

根本的に看護師は気が強い人が多いです。そしてメンタルが図太い人も多い傾向があります。
この2つが合わさってベテラン看護師へと育ってしまったモンスターはプライドだけが高くて、
全てが自分の意見が正しいと思い込んでしまいます。

 

例えば周りから見て明らかに問題児と呼ばれる看護師に落ち度がある事でトラブルが起こったり患者や周囲に迷惑をかけたとします。その問題児に対して上司が注意をしても「自分は悪くない」「自分の考えはこうだった」と返ってきます。
これが苦し紛れの言い訳であれば救いようがあるのですが、この手の問題児は心の底から自分が悪くないと思っていて何も反省しません。
その問題児の考えが間違っていた事やもっと優先して考える事があった。等どれだけ丁寧で間違いを指摘しても
「でも・・・」と必ず言い訳が返ってきます。

 

こういう問題児がいると、チームでもっと効率化していこう。助け合っていこう。などと前向きの方針を打ち出しても
お構いなしに個人プレーを続けます。
周囲に迷惑をかけない位仕事ができる人であれば問題ないのですが、ミスをした時に反省どころかミスだった事を自覚していない為、
同じようなミスを繰り返して周囲に迷惑をかけます。

 

この繰り返しで上司もお手上げで問題児が野ばらし状態になっているケースもよくあります。
普通の会社であれば、ここまでの問題児はすぐにポストを降ろされて左遷をしますが、
看護師業界は問題児を左遷する窓際部署自体が少ないです。
他の部署に移動させようとしても、引き受ける部署から受け入れ拒否されて、しょうがなく何年も同じ部署に留まってしまうなど、
対策のうちようがない一番やっかいな事例です。

 

 

イジメ癖が付いている

看護師は気が強い人が多いですし、自分の存在価値を主張したり派閥の中心になりたがる人がいます。
こういう傾向の人で重度の問題児が、イジメ癖が付いている人です。
・新人が入ってくると問答無用でイジメをする。
・常にターゲットやサンドバックがいないと気がすまない人
などがいます。

 

いじめに悩む看護師

学生のような幼稚で理不尽なイジメを受けて看護師を辞めていった新人看護師が多いのは、
イジメを受けた当事者が悪いのではなく問題児の標的にされてしまった不幸の比率が多いです。

 

イジメ癖がある問題児は、何名も辞めさせるまで追い込んだ実績があれば、異動や解雇なども視野に指摘をしていく事もできますが、
性格が歪みやすい看護師業界ではこの手の問題児が次から次に出てくる傾向があります。

 

 

今回は典型事例のみを紹介しましたが看護師は勤務先ごとで他にも様々なタイプの問題児がいます。
看護師として上手にやっていくには、色々な建前を並べる事ができますが問題児をうまく扱ったり
関わりを少なく付き合っていけるかが現実的な課題です。