仕事ができる看護師ほど、周囲からどんどん仕事を頼まれてしまうので、結果的に損をする感覚を持ってしまいます。

MENU

仕事を頑張ると損をする?

看護師は女性でも仕事を頑張って実績を積んでいけば、キャリアアップをしていく事が可能です。

 

看護師の理想や建前では、全力で仕事に取り組んで、成り上がっていきたい。
責任がある仕事や役職に就きたいと思っている人もたくさんいます。

 

しかし、看護師は仕事ができる人程、損をする仕組みになっているのが現状です。
要領が良い人や、途中でモチベーションが下がってしまった人の本音は、如何に楽をして仕事をするかを考えている人もたくさんいます。

 

 

看護師の世界は甘い?ありえないわがままも通用する現実

看護師では仕事ができないと生き残れないってイメージを持っている人も多いですが、
現実には一般企業よりも緩い部分もたくさんあります。

 

最近ではどの病院も深刻な看護師不足に悩まされていて、
人材の確保と同時に現職の看護師を辞めさせない為事にも力を入れている病院や、
そういう考えを持っている管理職の人もたくさんいます。

 

その為、ベテラン看護師など、自分の意見や要望をしっかり言えるようになると、
自分がやりたくない仕事を断ったり、楽な仕事しかやらないというわがままが通ってしまいます。
長年同じ病院で勤めているのに、いつも同じ事しかやらないので、仕事の幅が狭い看護師もたくさんいるのが現実です。

 

一般企業では通用しないようなわがままも、キツく言ったり、
無理にやりたくないと言っている仕事をやらせて退職願望を抱かれても困るので、黙認されているといったケースは珍しくありません。

 

 

できる看護師ほど仕事のしわ寄せが来る

看護師の仕事は非常に多いです。
一般的な病院であれば、部署ごとに多数の看護師が在籍していますが、前述で紹介したように、
自分の好きな仕事を選んでこなす人や、仕事をたくさん振られると、すぐに泣き言や文句を言う人がいます。

 

やる気があっても、どんどん仕事を頼まれるとすぐに混乱してミスを連発するので、
周囲が仕事を頼もうとしない無能な看護師なども当たり前のようにいるのが看護師業界です。

 

その結果、仕事ができる人の所にしわ寄せがきて、どんどん仕事が回ってくるようになってきます。

 

仕事ができればできる程、他の看護師との業務量に差が出てきて、最初は成り上がっていく為に頑張ろうとしていても、
途中でやってられない。などと馬鹿らしい気持ちが勝ってきてしまいます。

 

 

また、仕事ができる人や、要領よくすぐに新しい事を覚えられる人は、どんどん仕事の幅を広げられていきます。
新しい仕事を覚える事は、キャリアとスキルを上げる為に良い事なのですが、
使えないベテラン看護師などは新しい事を覚える事を拒否して、自分の好きな楽な仕事だけを抱え込んで、
まったり仕事しているケースもあります。

 

せっかく、仕事の幅を広げるチャンスをもらっていても、苦労して新しい事を覚えている横で同僚がそんなテンションで仕事をしていたら、モチベーションが続きません。

 

 

転職理由は建前はキャリアアップといっても、本音はリセットしたいという気持ちの時も

看護師では、仕事ができる人でも転職をするケースは珍しくありません。
同僚や上司から仕事ができると認められて評価をされていたとしても、
同等の給料水準や時には給料が下がってでも他の病院に転職を考える人がいるのは、看護師業界特有のものです。

 

キャリアアップしたい看護師

できる看護師の人は建前で
もっとキャリアアップしたい」「名前が売れている大手病院で働きたい」などと転職理由を口にする事がよくあります。

 

しかし、本音では仕事ができる事が仇となり、シワ寄せがどんどんエスカレートして、
なんでも自分の所に仕事が回ってくる環境をリセットしたい。という気持ちで転職を考えているケースもよくあります。

 

これはあくまでも一例ではありますが、仕事ができる看護師程、損をしている感覚に陥る事は看護師の業界では珍しくない事です。