仕事が嫌いでも、優遇の良さや仕事の種類が多い事から、看護師は仕事が嫌でも看護師の仕事を選び続ける傾向があります。

MENU

看護師を続ける理由

看護師は離職率が非常に高い業界で、実際に今の仕事に不満を抱えている人もたくさんいます。
しかし、多くの看護師は仕事を辞めても、転職先で再び看護師の仕事を選んでいます。

 

看護師の方が例え仕事が嫌いであっても、看護師の職から離れられない事情の本音と建前についてまとめました。

 

 

看護師よりも良い仕事が他にない

看護師は、高い学費を払って、時間も費やして学校に通わないと取得できない国家資格です。
資格を評価される部分も多く、一般的な会社員よりも高い給料を受け取る事ができます。

 

この為、看護師の仕事が嫌でも、ほかに看護師よりも良い仕事がない事から、背に腹は代えられないという事情で、
看護師の仕事から離れられない人が多いです。

 

 

看護師の仕事で身につけたスキルは他の仕事では役に立たない

看護師は患者とコミュニケーションを取ったり、ドクターや他の同僚との連携も必要なので、社会人としてのスキルは身に付きます。
しかし、看護師の仕事を捨てて、再就職しようとした時に看護師としてのキャリアは当然評価されません。

 

看護師の多くは、それ以外に仕事で有利な資格やスキルを持っていないので、看護師から一般企業の他の職種に転職しようとしても、良い仕事がないのが現状です。

 

建前では、せっかく看護師の仕事を持っているから・・・などと言えても、
本音はそれ以外の事ができないから、しょうがなく次の仕事も看護師の括りで選んでいるのが現状です。

 

 

子育てと両立できる

最近では男性の看護師も少しずつ増えてきましたが、それでも業界全般を見れば、女の職場である現状は変わっていません。
女性の場合の仕事の焦点でもある、「子育ての両立」が看護師の業界では非常に優遇されています。

 

看護師で勤務しておく事で、保育園に入れる優先順位も上がりますし、子供の事情で休みも取りやすい環境です。
大手総合病院では勤務者向けの託児所を用意しているケースなどもあります。

 

ここまで子育てへの協力体制がしっかりしている仕事で、給料もちゃんと支払われる仕事は他にありません。
現在子育てに奮闘中の方から、将来的には子育ての事を考えないといけない若手の人も含めて、
子供と仕事を両立させる為に、看護師の仕事を我慢しながら続けているケースも多いです。

 

 

様々な職種や働き方を選べる

看護師の仕事の魅力は、状況や希望に応じて、働き方を選ぶ事ができます。
病院の病棟勤務で嫌になったら、外来や介護施設の仕事に移動したり転職する事ができます。

 

最近では看護師転職サイトで企業看護師やツアーナースなど、
病院勤務とは全く違う魅力がある看護師の仕事も多くの求人が出ているようです。

 

ナースステーション

勤務先を変えなくても、子育ての状況などに応じて、正社員からパートや嘱託・非常勤へ変更してもらう事ができます。

 

一般企業の場合であれば、一度非常勤に配置替えしたり、正社員としてのキャリアから長い期間遠ざかってしまうと、子育てが落ち着いて、再びガッツリ働こうと思っても正社員に戻してもらう事が難しく、年齢が増えると再就職もできないケースがあります。

 

看護師は年齢やブランクに関係なく、正社員の仕事もいくらでもある点も魅力です。
このように、今の仕事が嫌になっても、同じ看護師だけど職種や働き方を変える事ができるので、看護師は転職先でも懲りずに資格を活かした仕事を探しています。