看護師は勤務環境によっては、必然的に性格が変わってしまう環境でもあります。自覚がある場合は転職を検討する事がオススメです。

MENU

看護師になると性格が悪くなる

看護師になると、性格が悪くなるという噂があります。
もちろん全ての看護師に当てはまる事ではなくて一部に限定した話しですが、
看護師として就職してから昔から付き合っていた友達が減ったり、恋愛がうまくいかなくなったという報告も多いです。

 

性格が悪くなった事を自覚したり、婚期を逃してしまうオツボネさんも多いです。
実際に看護師になってから、自分の性格が悪くなったとハッキリ自覚している人もいるようです。

 

なんで看護師になると性格が悪くなるのか?考えられる要因をまとめてみました。

 

 

最大の原因はストレス

ありきたりの答えかもしれないですが、仕事のストレスが募ってしまい、プライベートでも発散しきれない事が最大の原因です。
看護師の仕事は業務量が多く、仕事中は常に一杯一杯になっている事が多く気持ちに余裕がありません。
職場は人間関係がドロドロで雰囲気も悪いですし患者からクレームなど、悩みの種は絶えません。

 

常勤で夜勤もやっていると、生活リズムも不規則になり休日に溜まったストレスを発散しきれず、
この悪循環の果てに気づかないうちに性格が歪んでいってしまいます。

 

 

看護師は気が強くないと生き残れない

看護師は全般的に気が強い人が多いです。
これは元々気が強い人が集まってきているのではなく、仕事をする上で気が強くなってしまいます。

 

その最大の要因は業務量の多さです。
しっかり自分の意見を主張できないと、仕事を回す事ができず結果的に自分の首を絞めてしまいます。
最初は我慢できても、結果的に控えめなスタイルが原因で理不尽な残業を繰り返していくうちに、
我慢できずに自分の意見を通すメンタル力が養われてしまいます。

 

極論を言ってしまえば、看護師は気が強くないと生き残れない仕事の為、
必然的に性格がキツくなっていってしまいます。

 

もちろん、自分のペースで当たり障りなく仕事をこなしていけて、穏やかな性格でも貧乏クジを引かずうまく立ち回れる人もいます。
しかし、そこまでできる人はセンスも必要で誰でも真似できる物ではありません。
平均的な能力であれば、キツイ性格になってしまうのが看護師の現状です。

 

 

悪くなった性格を治すにはどうすればいいの?

一番の改善策は転職です。
一度職場を変える事で気持ちをリラックスしたり、性格が悪くなった自覚があれば一度休養期間を取っても良いでしょう。

 

業務量に悩んでいる人は、勤務形態を変えたり、病院意外の仕事を探してみる事もオススメです。

 

性格が歪む程追い込まれているケースでは、浪費癖も付いていて給料が減る事に抵抗を感じる人もいますが、
仕事のストレスが減れば、必然的に浪費癖も改善されていきます。
我慢をすると、どんどん性格が悪化していきプライベートが充実しなかったり、結婚できない・家庭崩壊など
自分の人生が台無しになってしまうケースも珍しくありません。

 

看護師の仕事をして、お金をたくさん稼いでキャリアアップをしていく事も大切ですが、
仕事とプライベートの双方で充実する環境を作る事の方が重要です。
プライベートまでうまくいかなくなってしまった人は、我慢せずに違う道を探してみる事を検討してみましょう。